ジャニーズが崩壊したのは2020年?!原因となった2つの大事件とは?

新型コロナウイルスの大流行で幕を明けた2020年、日本のアイドル業界にも大きな事件が起こっていましたね。

そう、2021年に入った今でも話題になり続けている『ジャニーズ事務所の崩壊』です。

2016年のSMAP解散から現在までに色々な事が起こった為もはや感覚が麻痺していますが『ジャニーズ崩壊』が始まったのは2020年と言っても過言ではないほど大きな出来事が起こっていました。

そこで今回は2020年にジャニーズで起こった出来事をまとめてみました!

スポンサードリンク

ジャニーズ崩壊の原因となった2大事件とは?

ジャニーズが崩壊したのは2020年だと言われるようになったのは、2つの大事件が原因とされています。

その2つの大事件とは大物ジャニーズタレントの相次ぐ退所や活動休止、そしてジャニーズ事務所が事実上の新体制を迎えた事です。

それでは具体的にどのような事が起こっていたのかご説明したいと思います。

大物ジャニーズタレントの相次ぐ退所と活動休止

中居正広さんの退所

2021年の2月に元SMAPの『中居正広』さんが3月いっぱいでジャニーズ事務所から退所される事を発表されました。

退所の理由に関して『中居正広』さんは以下のように語られています↓

「約30年やって(SMAPの解散から)3年経ちましたが、燃え尽きたというか、1~2年前から20~30代のようなギラギラ感がなくなったと思い始めた」

サンスポドットコム様より引用

 

2016年にSMAPが解散をして以降ソロでの活動を行っていましたが、実はジャニー喜多川さんはSMAP再結成を諦めておらず、5人をまとめられるのは『中居正広』さんだけと言っておられ、自分が死ぬまでジャニーズを辞めないでくれと頼んでいたそうです。

ジャニー喜多川さんに育てられ恩義を感じている『中居正広』さんはSMAP解散後もジャニーズに残る事を受け入れましたが、2019年にジャニー喜多川さんが亡くなった事でその約束は果たされ退所に至ったとの事。

 

手越祐也さんの退所

2020年6月19日を持ってジャニーズ事務所を退所された『手越祐也』さんですが、実は5、6年前から退所を考えていたとの事。

同年の3月には事務所やメンバーに退所の相談をしていたとの事ですが、その最中に新型コロナウイルスが大流行してしまいツアー等のスケジュールが白紙に。

その新型コロナウイルスの自粛期間中に度重なる外出を繰り返した為ジャニーズ事務所側より活動自粛をするように言い渡されたそう。

その頃既に退所を考えていた『手越祐也』さんとしてはこのままジャニーズ事務所を退所する事になれば今後の自身の道筋が見えないまま独立する事になってしまうという焦りがあり、活動自粛期間中にも関わらず関係者と『打ち合わせの為』に外出をしてしまったそうです。

その後の事務所との話し合いは弁護士を通じて行う事となってしまった為、本人の口から語られる事はなく、お世話になった方々にも何も伝えられないまま、6月19日にジャニーズ事務所を円満退所という形となりました。

 

山下智久さんの退所

2020年の10月末を持ってジャニーズ事務所を退所された『山下智久』さんですが異例の11月10日に、10月末で事務所を退所していた事を発表されました。

8月に未成年女性と飲酒したという報道を受けて活動自粛中でもあった『山下智久』さんは退所の理由について『本格的に活動の拠点を海外に移し現在オファーがある海外作品に参加する為』と発表されています。

元々ソロでの活動に重きを置いていた事は有名で、ジャニーズ所属の中でも異色のタレントとして捉えられていたそう。

2011年の10月に『NEWS』を脱退し、2012年には単身でアメリカ大陸を車で横断するドキュメンタリー『山下智久・ルート66~たった一人のアメリカ』に出演するなど、海外思考が強かったという情報もあります。

その背景もあってか英語力はかなりのものらしく、小さな文法の間違いはあってもしっかりと内容が伝わるようなとても自然な発音との事。

普段から英語の勉強に取り組み、外国人の友人と話す際には英語を使うなど徹底した姿勢を関係者の方々が見て、更に英語を使う仕事などが舞い込んで来ていたそうです。

そして、活動自粛を機にジャニーズ事務所を離れ海外での活動に本腰を入れる決意をしたとの事。

 

錦織一清&植草克秀(少年隊)の退所

2020年12月31日にジャニーズ事務所を退所した錦織一清さんと植草克秀さんですが、主な退所理由の一つには『今後少年隊としての活動計画がない』事が挙げられています。

退所についてお二人は以下のように語られています↓

「最後のワガママのつもりで、この年になって本当の意味のひとり暮らしをしたいという希望を伝えたところ、快く承諾していただけた。恵まれすぎていた環境を飛び出し、これから私は沢山の厳しさを味わっていかなければなりません。それをこれまでのジャニーズ事務所の教えで、はねのけていこうと思います」(錦織さん)

「酸いも甘いも経験したうえで、来年1月よりピュアな気持ちで、新たなスタートラインに立ち、挑戦していきたいという思いから卒業を決意いたしました」(植草さん)

FRIDAY DIGITAL様より引用

 

 

嵐の活動休止

何と言っても特に大きな出来事と言えば、2020年12月31日を持って活動休止に入った『』ではないでしょうか。

2020年に開催される予定だった『東京オリンピック』が新型コロナウイルスの影響で延期となりその大役を果たす事が出来ないまま活動休止に入ってしまった『』ですが、主な活動休止の理由として『リーダーの大野智さんが2020年という区切りで一度嵐をたたみ、5人それぞれの道を歩んでもいいのではないか』という所から始まっているそうです。

大野智さんは自分の気持ちを伝えた当初は事務所の退所も考えていたそうですが、メンバーやスタッフと話し合う中でグループの活動休止という結論に至ったと話しています。

2021年以降の活動については具体的に何がしたいかは決まってはいないのですがこの世界を一度離れて見たことのない景色が見てみたい。普通の生活というのはこの世界に入ってから経験がないので興味があってとお話をされていました。

長年ジャニーズを牽引し続けて来た『』のリーダーだからこそ言える言葉のように感じますね。そしてそのリーダーの気持ちを尊重するように活動休止を選択した他のメンバーにも信頼や男気が感じられますね。

しかし、稼ぎ頭であった『』の活動休止がジャニーズ事務所に与えた影響はかなり大きいと思います。

スポンサードリンク

ジャニー喜多川の求心力と滝沢秀明の新体制

ジャニー喜多川さんの求心力

2019年に逝去された『ジャニー喜多川』さんですが、やはりその求心力は大きく翌年からジャニーズ所属タレントの退所が相次いで起こりました。

ジャニー喜多川』さんに育てて貰ったメンバーは非常に多く、恩返しをする為にジャニーズとして活動を続けていた人も多かったとの事。

一定の恩返しを終え、その役目を果たした事からこれからは自分自身の幸せの為に生きようと考えるようになるのは自然な事のように感じますね。

 

滝沢秀明副社長の就任

ジャニー喜多川さんの後継者として選ばれ副社長に就任した『滝沢秀明』さんですが、その翌年には新たな方針や施策が行われ、賛否両論が起こりジャニーズタレントの相次ぐ退所の一因となっているようです。

こちらの内容に関しては別に記事を書いていますのでそちらをご覧下さい↓

ジャニーズ崩壊のきっかけ!滝沢秀明の愚かな3つの方針とは?

以上が、2020年にジャニーズが崩壊したと言われている2つの大事件です。

スポンサードリンク

あとがき

いかがでしたか?

今回は『ジャニーズ崩壊が始まった2020に起きた2大事件』についてをまとめてみました。

たった1年間の間にこれだけの事が起きたと振り返って見ると、崩壊してもおかしくはないと思ってしまいますよね。

新型コロナウイルスの影響を強く受けて更に加速している部分も多分にありそうですが時代の変化には対応して行かなければなりませんし、今後のジャニーズ事務所の活動には要注目して行きたいですね。

この他にもジャニーズや芸能関連の記事を作成していますので宜しければご覧下さい↓

ジャニーズ崩壊はいつから始まった?きっかけはSMAP解散とジャニーさん!

ジャニーズ崩壊のきっかけ!滝沢秀明の愚かな3つの方針とは?

ジャニーズ崩壊間近の声はデマ!世代交代に過剰反応する世間の声www

新垣結衣と星野源はいつから交際していた?2017年という説は本当?!

それでは、今回はこの辺りで失礼します(^^)



2 件のコメント

  • もう、ジャニーズ事務所終わったのも当然です。ジャニーズファンの私にとっては、かなり複雑な心情ですが仕方ありません。

    • これだけ退社が続くとファンとしては切ないですよね…若手の活躍に期待したい所です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA